うつ病にならないためにセロトニンを増やす方法

継続的な気分の落ち込み、極端なやる気の減退、何事にも意欲や興味が持てない、こういった症状を引き起こす気分障害をうつ病と総称します。うつ病は単なる精神障害にとどまらず、不眠症や食欲低下といった身体への影響も甚大で、これが重症化のスパイラルに繋がることもあります。現代社会のストレスが発症の大きな要因といわれていますが、症状の自覚をもてず、社会への遠慮から発症後の対応が遅れてしいがちで、重症になってはじめて診断を仰いだ、というケースも少なくありません。

以前は原因不明だったうつ病も、現代ではセロトニン欠乏によって引き起こされるものとされています。セロトニンとは脳内物質の 一種で、日中や起床している間に分泌されます。うつ病患者はこのセロトニンの量が通常よりも少ない事が現代医学によって明らか にされています。

セロトニンには様々な効果があり、ストレスに対して強く前向きな考えができるようになると言った精神的な面を始め、活発な動き を助け、睡眠を助けるといったうつ状態とは真逆といっても良い効果があります。セロトニンを増やす事はうつ病対策になるのでい くつか増やす方法を紹介します。

セロトニンは太陽光に反応して分泌されるという特性があるので、起床時間と就寝時間を正す事が大切になります。昼夜逆転生活などを送り続けると次第にバランスが崩れ、日中けだるい状態が続き、睡眠時間も狂う事になります。それはセロトニンと対をな すメラトニンとのバランスが崩れている事を意味しているので、まずは生活習慣を正しましょう。

身体を動かすと脳が刺激されてセロトニンが分泌されやすくなりますので、適度な運動を心がけましょう。最初から飛ばしすぎると 長く続ける事が困難になりますので、最初はウォーキングといった歩く程度から始めて、次第にスポーツといった遊びを取り入れて いくと苦がなくて良いでしょう。

良く噛んでよく食べるという事も重要となります。良く噛むという行為は上記の運動と同様の効果をもたらします。また、セロトニンの元となる栄養素は体内に存在せず、様々な食べ物に含まれるトリプトファンという栄養を摂取する必要があります。不規則な食 事をしているとトリプトファンが不足しがちになって、そこからうつ病になるという事も考えられますので、しっかり食べてセロトニンの分泌を促すようにする事が対策となります。